車の駐車場と費用

の購入費の中で本体価格以外に外せないのが駐車場です。もともと自宅に駐車場をお持ちであれば駐車場を借りる必要はありませんが、通常はを購入する際に駐車場も借りことが必ず必要になります。

駐車場を探す際に注意したいのは駐車場の場所とサイズです。まず、場所ですが、を購入する場合、駐車場までの距離が直線で2キロを超えない範囲でみつけなければなりません。
これは保管場所という法律で定められています。
続いてサイズですが購入を検討しているが道路から支障なく出入りできるか、駐車場枠にきちんと収まるかを確認しましょう。

posted by 車購入情報 | 車の見積 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

の見積本体以外にかかる費用


の購入金額は本体以外に実は結構な金額が掛かります。の本体価格以外にどんな内容の金額が掛かるのか覗いてみましょう。


の本体価格以外に掛かる費用の代表的な項目をあげてみます


次にあげるのは法定費用と言われる項目の5つです


1、自動車取得税

税率は車両本体+オプション取得価格に対して5%(軽自動車は3%)です。中古車新車時の取得価格を基準に年式で算出し一般的には初年度登録から4〜5年で免税に


2、自動車税

排気量に応じて課税される都道府県税で毎年5月に支払ます。年度途中で購入した場合、登録した翌月から年度末までの相当額を販売店に支払います。


3、自動車重量税

新車と車検が切れている中古車は購入時に支払います。廃車還付制度が設けられているので、廃車時は運輸支局で確認しましょう。


4、自賠責保険

強制保険のことです。新車と車検が切れた中古車は購入時に支払います。車検残のある中古車は購入時に未経過相当額を販売店に支払うのが一般的です。


5、自動車リサイクル料金

新車は購入時、中古車はリサイクル料の預託状況により支払時期が異なります。料金は種により異なります。


posted by 車購入情報 | 車の見積 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

の購入金額は本体以外に実は結構な金額が掛かります。の本体価格以外にどんな内容の金額が掛かるのか覗いてみましょう。


の本体価格以外に掛かる費用の代表的な項目をあげてみます。


まずは、代行費用として次の4つの項目があります。


1、登録代行費用

の名義登録作業を販売店に代行してもらう費用です。
販売店によって料金がことなり、購入者の居住区域を管轄(かんかつ)する運輸支局から販売店が遠いと手数料が高くなることもあります。


2、整備費用

を納車するに前に行われる点検整備費用です。販売店や購入する車の上程によって料金が変わるので、内容をしっかり確認しましょう。


3、車検整備費用

車検がきれた中古車を購入する際に請求される場合があります。整備の内容は車検時と同タイミングで訪れる24ヶ月定期点検整備が一般的です。


4、車庫証明費用

を購入する際に必要な車庫証明を管轄(かんかつ)の警察署に申請するための代行費用をさします。自分で行えばこの費用は発生しません。


posted by 車購入情報 | 車の見積 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

車庫証明を自分で契約する

の車庫証明を自分で申請する際の流れをお話します。


まずは、駐車場がある地域を管轄する警察署で車庫証明の申請書書類を受け取ります。
次に申請書類に必要な項目を記入してください。詳細は警察署で確認しよう。
記入した書類を警察署に提出します。この時、印紙代として2,500円が必要です。車庫証明申請をしてからおよそ4〜7日間で車庫証明が発行されるので警察署で受け取ってください。
posted by 車購入情報 | 車の見積 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。